バゲージ・ハンドリング・システム

バゲージ・ハンドリング・システム(BHS)

Global CyberSoftチームの経験豊富なエンジニアは、顧客のニーズにバゲージ・ハンドリング・システムを開発することができる。このようなシステムの例は、チケットカウンターから飛行機や飛行機から手荷物受取所にチェックしたバゲージを輸送するのに使用される空港でのコンベヤシステムが含まれている。一日に、数千の乗客のいいサービスを提供するために、バゲージ・ハンドリング・システは、しっかりと動作し、他の空港のソフトウェアシステム、異なる複雑なハードウェアやPLCと統合する必要のある。

バゲージ・ハンドリング・システム(BHS)は通常2メイン・モジュールが含まれている:情報システムと制御システム(パネルの制御、スキャナ、コンベヤ、メイクアップシュート、及びソーターのため)

情報システム:多くの複雑な機能をオペレータや管理者に提供するために、センターコントロールルームで展開する。

BHSコントロールシステム:2つの主要なサブシステムがある。

  • SCADA サーバー:BHSシステム内のすべてのコンベヤを制御・監視するために、PCLコントロールシステムとインタフェースする(システムのスター・ストップ、モニタコンベアのコントロール・監視、PLCやコンベアのステータスのディスプレイ、ソーターカートステータスの表示、オペレーション・ログとオペレーション・アラーム/イベントを表示する)
  • PCLコントロールシステム:コントロールパネルやPLCの異なる種類が含まれている(すなわち、バーコードリーダ、チェックインPLC、PLCスクリーニング、メインソーターPLC)

BHSのコア機能:

  • フライトスケジュールや荷物情報を取得するために、空港のホストシステム(すなわち、CUTE、FIDS)へのオンライン接続をする。この情報に基づいて、BHS サーバーは特定のメークアップのポイントに出発手荷物の自動移動を指示する
  • PLC制御コンベアが正しいメイクアップポイントに荷物を転送できるように、制御システムのPLCレイヤーと統合し、手荷物の行先を指定する
  • BHS運用情報とレポートを表示する
  • 動作パラメータの手動入力を許可する

GCSのバゲージ・ハンドリング・システムの利点:

  • 最新のBHS技術(日本の大手ベンダーとのパートナーシップ)を採用する
  • マルチ言語サポート(すなわち英語、日本語、ベトナム語)
  • 柔軟かつ正確な操作
  • 競争力のあるコスト
Back to top